二つのビタミンを意識して取り続けることで肌は白く美しくなる

今回は、栄養素、食べ物の視点から白く美しい肌を手に入れる方法をお伝えします。

 

 

最も大切なのは、良く知られているビタミンCです。ビタミンCは、肌のターンオーバーを正常化し、出来てしまったメラニン(=シミ)を薄くしたり、これからできるシミを防いでくれる効果があります。細胞が日々新しくなるように、肌もまた日々新しくなるのですが、乱れた生活習慣や食生活だと、肌の生まれ変わりのサイクルが崩れ、それがシミやくすみの原因となるのですが、ビタミンCはそれを正常に整えてくれるのです。

 

 

しかし、ビタミンCは水溶性で体内に蓄えることが出来ません、一度にたくさん摂っても、その多くは尿として体外に排出されてしまいます。なので、毎日何度かに分けて摂取してあげる必要があります。

 

 

そんなビタミンC、実はビタミンEと同時に摂取するとより高い効果があります。ビタミンEには、細胞の再生を高めたり、肌のシミや黒ずみの原因となる活性炭素を取り除いてくれるのですが、この働きをビタミンCが補助してくれるのです。この二つのビタミンを同時に摂ると、美白により一層近づきます。

 

 

これらは、身近な食材に多く含まれているので、少し意識するだけで、毎日手軽に日々の食卓の中に摂り入れることが出来ます。

 

 

ビタミンcは、レモンが有名ですが、食べやすさから言うと、イチゴやキウイの方がおすすめです。また、パセリやブロッコリーにも多く含まれています。よくビタミンCは熱に弱いから生で食べたほうが良い、という意見を聞きます。それ自体は正しいのですが、生だとたくさんの量を食べるのが難しいものです。確かに加熱によっていくらかのビタミンCは失われてしまうのですが、加熱調理して摂取した方が多く食べられるメリットがあります。また、キウイやイチゴであれば、より手軽に食べることが出来ます。

 

 

ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類や、オリーブオイルやヒマワリ油に多く含まれています。これらは脂肪分を多く含むのですが、実はビタミンEはビタミンCと違い、体内に長くとどまるため、たくさん摂取する必要がないのです。おやつ代わりにナッツをつまもう、くらいの感覚でちょうどよいくらいだです。

 

 

これら二つのビタミンを意識して取り続けることで、肌のターンオーバーは正常化し、活性炭素は抑えられ、確実に肌は白く美しくなっていきます。