20〜30代のニキビ対策がうまくいかない理由とは?

ニキビは大人になってからも現れるものです。だから大人になって初めてニキビに悩まされたという方もいるでしょう。

 

しかし仕事もあって、なかなかニキビ対策が上手くいかない人も多いでしょう。
この記事では、20〜30代のニキビ対策にスポットを当てて解説していきますので、チェックしていってください。

 

なぜ20〜30代のニキビ対策は上手くいかないのか

 

この年頃でニキビケアが上手くいかない理由としては、以下のことが考えられます。

 

1、仕事のストレス

 

初めて社会人に出た20代は、新しい環境にストレスを感じやすく、自律神経などが乱れてニキビ改善に影響が出ている可能性があります。そして仕事で多大なストレスを味わってきた30代では、20代に無理をしたことが今になって出ていると考えられ、ニキビ対策が上手くいっていないのでしょう。いずれにせよ、社会人になってからのストレスが関係していると言えます。

 

2、化粧品が強すぎる

 

仕事では学生のときより一層、身だしなみや肌ケアに力を入れる人も多いでしょう。その際に、さまざまな化粧品を使ったり、刺激の強い化粧品を利用したりすると、ニキビが悪化することがあります。

 

3、時間がなくて肌ケアを怠っている

 

大人ニキビは肌が乾燥しても起こります。今まできっちり肌ケアを行っていた人が、仕事で忙しくてケアをやめてしまうと、ニキビ発生の原因となります。

 

仕事とどのように両立すればいい?

 

1、対策を絞る

 

ニキビ対策は色んな方法があり、多くは並行して行うことができますが、いろいろ手をつける意識は捨てて、コレと思った対策法に集中しましょう。多くても三つぐらいでいいと思います。それ以上となると、私生活に影響が出てしまうでしょう。

 

2、大事なのは薬・睡眠・食事

 

塗り薬での対策はもちろん、食事からもニキビ対策を行いましょう。ニキビは胃腸環境の悪化から起こっていることがあります。またストレスケアには何より睡眠が大事です。仕事で睡眠不足になりがちかもしれませんが、睡眠はニキビだけではなくあらゆる部分に影響を及ぼしてくるので、きっちり取るようにしたいものです。