化粧品でシミが消えない人の最終手段、フォトシルクプラス

年齢と共にシミが目立つようになってきた、あるいはシミ改善に様々な化粧品を使ってきたけどなかなか効果が得られないなど、改善したくてもできず悩みに変わってしまうことがあるでしょう。

 

 

化粧品をいくつも試してみても効果が得られなかったという人は、美容外科での治療がおススメ。
その中でも「フォトシルクプラス」はシミに効果抜群な治療です。

 

フォトシルクプラスって?

 

フォトシルクプラスは美容外科で受けることができる光治療です。
レーザーのような強い刺激とは違い、マイルドな光を照射させることで、シミを浮かび上がらせ、治療後1週間ほどでシミがポロポロと落ちていくという優れた治療。
他にも、毛穴が引き締まり小さくなる、コラーゲンの生成を促しハリをアップするなど、シミ改善以外にも美容目的として抜群の効果が得られる施術です。
痛みも、輪ゴムでぱちんと弾かれているくらいの痛みなため、麻酔なども必要なく、またその直後からメイクが可能な簡単な施術でもあります。

 

薄いシミにも効果がある

 

薄いシミ、肌の奥の方にあるように感じるシミ、メイクで隠すことはできるがすっぴんになると目立つシミ。
自分の中で「これは消えないかもしれない」というシミってありますよね。
フォトシルクプラスは、濃いシミにはもちろんのこと、光治療で薄いシミにも効果があり、肌の透明度をアップしてくれます。
実際、治療の際に、きちんと薄いシミにも反応してくれ、ピリッとした痛みがあるものの、そこに効果が出ていることをその場で感じることができます。
コンシーラーで毎日シミを隠しているという人は、フォトシルクプラスでそのシミをなくすことができるのです。

 

どんなシミにも効果がある?

 

基本的には初めに医師のカウンセリングから行い、自分のシミが肝斑なのか、ADMなのかといった診断をしてもらいます。
肝斑にも効果は多少あるものの、肝斑の場合は他の治療がおススメされます。
ただ多くの人は、肝斑やADM、日焼けによるシミなど混在していることが多いため、まず初めにシミを除去することが効果的で、その後に肝斑、ADMの治療を検討すると良いです。
フォトシルクプラスで顔全体のシミを除去してから、肝斑やADMの治療をすると、悪化させることもなく改善が見込めます。
医師によっては、同時に肝斑改善用の薬を処方することもあります。
自分のシミがどのタイプに含められるのかを一度診てもらうと、今後のケアにも役立つでしょう。

 

まとめ

 

ハイドロキノンやビタミンC誘導体などを用いて、自宅でシミのケアをしているという人は多くいるでしょう。

 

 

ただ、いくらケアしても消えない、薄くならないという場合は、思い切って美容外科での治療もおススメです。
自分のシミの種類を把握し、それに適した治療をすることで、生まれ変わった肌をすぐにでも実感できます。
痛みや金額も安くなってきている為、一度お試しで受けてみるとその効果を実感できることでしょう。