ブツブツニキビを撲滅するために

ブツブツニキビを撲滅するために今日も頑張っていきましょう。

 

お肌トラブルの解決はまず原因特定からです。

 

女性にとってお肌の悩みは数多くありますが、そういったお肌のトラブルに関しては、人一倍気を付けている人も多いです。
しかしどんなにスキンケアに労力を注いでいても、しっかりと原因を把握して適切な対策を行わないと、無駄な努力に終わってしまいます。

 

しっかりとお肌トラブルの原因を特定することによって、少ない手間と時間で、綺麗なお肌を維持することも可能です。
そういったお肌トラブルの中でも、特に若い人に多い悩みがニキビに関する悩みです。

 

ニキビが若い女性に多い原因としては、新陳代謝が活発な事と関係があります。

 

新陳代謝によって古い皮膚が老廃物として排出されたり、汗によって不純物が排出されたりしますが、そういった各種老廃物は毛穴に溜まっていくことになり、更に皮脂などによって癒着して毛穴が塞がってしまいます。
毛穴が塞がってしまうと、内部に雑菌が繁殖してしまい、炎症を起こしてニキビになるのです。

 

効果的なニキビ対策とは

 

こういったニキビを未然に防ぐための対策としては、食生活の改善や運動によって大量の汗をかいて老廃物を体外に押し流すなどの方法も有効ですが、最終的にはお肌を清潔に保ちながら、毛穴に汚れが溜まらないようにすることが重要な対策方法になります。

 

化粧の落とし忘れも毛穴を詰まらせる要因の一つにもなるため、化粧を落とす際のクレンジングにも工夫を凝らすことが大切です。

 

最近ではニキビ対策を考慮に入れたクレンジングオイルなども多数販売されているため、そういったニキビ対策専用のクレンジングオイルなどを積極的に使用することが、結果的にニキビを予防することになります。

 

 

一番おすすめのニキビケア
ルナメアacに悪い口コミがある理由、効果の秘密

 

その他にも、毛穴を引き締めることで余計な汚れが入り込まないようにするのも有効で、この場合には保湿効果のある化粧水でお肌に張りと潤いを与えることが重要です。

 

お肌に張りを与える方法は、保湿化粧水以外にも、サプリメントなどによっても効果を期待できます。
保湿効果は長期間のケアが要点になってくるので、定期的な対策を心がけることが大切です。

 

 

思春期ニキビと大人ニキビはどう違う?

 

「ニキビは青春のシンボル」だから大人になったらニキビに悩むことはない!
そんなふうに思っていたのに、いまだにニキビに悩まされている・・・

 

そんな女性は実は多いのです。

 

10代で収まるはずのニキビがどうして大人になってもできるのか?
実は10代で出来る思春期ニキビと成人してからできる大人ニキビはかなり原因も症状も違います。

 

きちんとそれぞれの原因と対処法を理解してツルスベお肌を目指しましょう。

 

ニキビは思春期ニキビも大人ニキビも毛穴に皮脂が詰まることが根本の原因です。

 

けれどもどうして毛穴に皮脂が詰まるのか?
そのメカニズムが思春期ニキビと大人ニキビとでは違うのです。

 

 

思春期に皮脂が毛穴に詰まるのは成長ホルモンが大きな原因です。
身体の成長に伴ってホルモンが活発になって皮脂を過剰に分泌するようになります。
そして余分な皮脂が毛穴に詰まることでニキビとなってしまうのです。

 

特におでこから鼻にかけてのTゾーンは皮脂腺が多いため、思春期ニキビと言えばおでこに多くできるものになります。

 

思春期ニキビは成長ホルモンの働きが落ち着いてくれば、ニキビも発症しなくなります。
ですからあくまでも一時的なものです。

 

けれども大人ニキビは違います。
これは肌の状態が悪いことがニキビができる原因なので、早めに適切なケアをしなければいつまでも繰り返ししつこくできてしまいます。

 

大人ニキビができる最も大きな原因は肌の乾燥です。

 

肌は乾燥すると角質が硬く厚くなり毛穴をふさぎやすくなります。
さらに乾燥を防ごうと皮脂が過剰に分泌されるようになり、ますます皮脂が詰まりやすくなるのです。

 

特に頬からあご、首といったフェイスラインは皮脂腺が少なく乾燥しやすい部位です。
ここに大人ニキビはできやすいというわけです。

 

乾燥やニキビの炎症でダメージを受けた肌はますます状態が悪化し、適切なターンオーバーが出来なくなってしまいます。

 

そうなれば色素沈着やクレーターといった深刻なニキビ跡も残ってしまうので、取り返しのつかないことになってしまいます。

 

そうなる前に早めに肌の乾燥を防ぎ、適切なターンオーバーを促す健やかな肌を作るケアをすることが何よりも大切です。